いつもとは違う体育館で

いつもとは違う体育館で

2020年最後の活動を行いました。
いつも利用させてもらっている体育館の予約が取れなかったので、神戸市内の体育館を初めて使わせてもらいました。
市立の体育館のため大会などで埋まっていることが多く、なかなか空きがないので予約できたのは本当にラッキーでした。

別の団体の方もおられて、半面はバスケットボール、1/4面はバドミントン、もう1/4面は私達のソフトバレーでの利用となり、とてもバラエティに富んだ館内となっていました。
ソーシャルディスタンスやアルコール消毒などに加えて更衣室の使用人数制限を設けるなどコロナウィルス対策もキッチリと行われている施設でした。

今回の活動はチームを固定して試合形式を延々と続けました。
熟考の末にチーム分けをしたので実力は拮抗していて、しびれるようなシーソーゲームが繰り広げられました。
今年の活動の締めくくりでもありますし、みんなで活動できることに感謝しながらクタクタになるまでボールを追いかけ続けました。

残念ながら2020年はコロナ禍の影響が色濃い一年となってしまいましたが、口コミ・評判やネット記事の情報を参考にしながら、活動可能な方法を探してきました。
不自由が多くある分、ルールや時間や感謝の気持ちを大切にできたと思います。
2021年の活動開始は1月を予定していますので、年末年始で体がなまらないよう声は掛け合ったのでした。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。