お気軽に船での鯛釣り

お気軽に船での鯛釣り

船で魚釣りをするというのは、少し敷居が高いような印象を持つ人も多いと思います。
そこでお薦めするのは、スーパーライトジギングと、タイラバです。
船で魚釣りをするだけでなく「鯛を釣る」となると、もっと敷居が高いように感じるかもしれませんが、ただ仕掛けを巻くだけで鯛を釣るのが、タイラバという釣り方です。

ゴールデンウィークの長期休暇を利用し、岡山県玉野市の『とちぎ』さんに行ってきました。
鯛は春頃に産卵を迎えます。そのため、温かくなる頃ぼてっと肥えて脂がつくため『桜鯛』として美味しいと評判です。秋は干満の差が大きいため潮流が速くなり、潮流の速い場所にいる鯛は、身が引き締まり『紅葉鯛』としてこれも美味だと言われています。
しかし、5月は産卵前に体力をつけるため荒食いをしていた個体が深場に潜り、産卵をしているのため魚の反応が一時途絶える時期でもあります。

当日は潮が速く、深場のいいポイントを攻められないため、瀬戸内海の大小の島々の間の浅いポイントしか釣りになりませんでした。
そうなるとただ、『仕掛けを巻く』だけでも、人それぞれの巻くスピード、巻き方、ルアーの形、色などに影響されやすく、僕にはまったくあたりなし。
口コミでは、カーリーテールといわれる魚にアピールの強いルアーがいいのではないかということでしたが、僕はうまくいきませんでした。
結果、1匹という惨敗でした。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。