バレー部2020年最後の活動

バレー部2020年最後の活動

今回もいつもお世話になっている神戸市内の体育館で活動しました。
12月は天井の改修工事のために使用が制限されていて予約が取れなかったので、年内最後の活動となりました。
春先から少し休止期間はありましたが、今年も毎月のようにお世話になり、メンバー一同、感謝しています。

今回の活動ではメンバーのお母さんが参加されました。
最初のうちは遠慮されて見学しておられましたが、みんなが楽しそうにプレーしているのを見て血が騒いだのか、途中からはコートに立たれたのでした。
学生時代にバレーボールはされていたそうで、最初はソフトバレーとの勝手の違いに戸惑っておられましたが、慣れてくるとナイスレシーブ、ナイスブロックを連発してとても楽しんでおられました。
ふと思うと同じコートに親子で立つような事というのはなかなか無くて、真剣に競技している時より競技を引退して、ある程度アクセルを戻した時に初めてできるんじゃないかなと思いました。
今回はコロナ禍の影響で親子旅行を見合わせた結果のご参加で少し残念な反面、ほっこりした出来事だったんじゃないかと思います。

口コミや評判で新メンバーも定着してくれていますが、こういう活動もひとつのカタチではないかと感じます。今後も、あまり型にとらわれないで参加した人が楽しめる活動にしていきたいと思います。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。