レンタルボートでシイラゲーム

レンタルボートでシイラゲーム

毎年5月に、前職の部下らと和歌山県の印南市のレンタルボートを借りて、釣りに出かけることを恒例にしています。
中紀から南紀にかけては小さな湾がたくさんあり、そのような場所は水の流れが緩み、波の少ない入江のような場所がたくさんあります。印南もそのような場所で、釣り当日も快晴で、湖のように穏やかな海でした。

最近、釣具メーカーも注目する評判のスーパーライトジギングで、とても小さいジグという疑似餌を使い、鯛やイサキとカサゴといった根魚を狙いました。
スーパーライトジギングは、20グラムから60グラムの軽いジグを使うので、ジギングはしんどいのではないかという人にもチャレンジしやすいと口コミで広がり、今では全国各地の釣り船がスーパライトジギングを始めています。

朝は少し肌寒いと感じる日でしたが、昼前になると、30度を超える真夏日で海の景色も完全に夏。そして、夏といえばシイラ。
シイラは『万力』と言われ、体の割にものすごく力づよく引きのある魚です。
このシイラが船の周りをピシャピシャ飛び跳ねだしましたので、ジグを水面表層を横引きしていくと、シイラが次々とヒット。
もちろん、スーパーライトなタックルなので、ラインを出されては巻いての繰り返しで、1匹釣るのに15分ぐらい丁寧にバトルをします。これぞ、ルアーフィッシングの醍醐味の一つだと思います。

大満足のため、12時にストップフィッシング。昔からの仲間とのんびりレンタルボートで楽しめました。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。