一魚両得!ブリ料理

一魚両得!ブリ料理

先日の釣果のブリ達を食しました。
ブリは釣ることも楽しいですが、食味も最高です。まさに、『一魚両得』です。
たくさんのブリ達だったので、総務のMリーダー、Kさん、入金管理のSリーダー、Hリーダーらにもみんなにお裾分けしました。

ところで、ネットで、評判や口コミを検索すると、たくさんのブリ料理が出てきますが、僕のお薦めを紹介していきます。
①カマの塩焼き
ブリの顎の部分を塩焼です。身の部分の塩焼は、どうしても焼くと水分が出ていきますが、顎の部分は骨が身を包んでいて蒸し焼きのような状態で、脂も水分も飛ばず非常に美味です。
②お刺身
王道ですが、お刺身。僕は紫蘇を巻くようにしています。青魚の臭さを紫蘇は打ち消してくれます。ちょっと荒削りなわさびが合うと思います。
③腹身のしゃぶしゃぶ
自分みたいに40歳を超えると、だんだん脂を食べると胃がもたれます。そういう時は迷わずしゃぶしゃぶです。ポン酢でさっぱりといただくことがいいと思います。
④中落ちの漬け
醤油1:だし醤油1:みりん2:ごま油2のタレに軽く1時間ぐらい漬け込むのが自分流です。非常に甘く濃厚な漬けになります。
どうしても青魚の臭さを嫌がる人はいると思いますが、まったくそういうのを感じさせない食味になります。少し出汁をかけて、漬け茶漬けにしても美味しいですよ。
⑤背身の竜田揚げ
背身を漬けて、それを竜田揚げにします。これは魚の苦手な子供もとっても喜んで食べます。

是非、照り焼きとかブリ大根といた王道に飽きた方には試してもらいたいと思います。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。