中国地方の評判管理釣り場でルアーフィッシング!

中国地方の評判管理釣り場でルアーフィッシング!

活動日
2018年04月07日(土)
場所
広島県庄原市

今年は桜も少し早い開花で、だんだん暖かくなるのかなと思いきや、全国的に春の嵐の予感の中、4月7日にMリーダーと広島県庄原市のフィッシングリゾートへ行ってきました。
中国地方の管理釣り場ならここと言っても過言ではない評判の釣り場です。
当日は、高校生以下の釣りスクール「ダイワヤングフィッシングクラブ」の開催日でもあり、現地は大賑わいでした。ただ、気温が3℃ととても寒かったです。
4月に雪が降る極寒の中、営業開始と同時に朝の7時から釣り始めました。
開始早々、Mリーダーのリールがジリジリと鳴り、すごい勢いで糸が出ていきます。悪戦苦闘のすえ、釣り上げたのは40センチクラスのブラウン・トラウトでした。
朝一番にしっかりスプーンで釣るところは流石。仕事している時のような真剣な眼差し。笑
管理釣り場の良さは「放流」というイベントがあるところで、その名のごとく、魚を放流してくれます。この時とばかりに下手くそな僕は釣りました。この時しか釣れません。笑 一方、Mリーダーはいい感じで釣っていました。(口コミなんかで放流情報を知ることができます。)
1日かけて、2人で15匹ぐらいのレインボー・トラウト(ニジマス)を釣りました。
そして、管理釣り場の2つ目のイベント「エサ撒き」。魚の活性があがるはずですが、僕らのルアーはお魚さんに完全無視されまして…。営業終了となりました。
釣れない時間は、「コーヒー1日券」のおかげで、釣りの話や少し仕事の話もしながら、楽しい時間を過ごせました。

帰りは、吹雪のような中国道…春の嵐でした。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。