丹後ジギングシーズン終盤の大物狙い

丹後ジギングシーズン終盤の大物狙い

終盤になりました丹後ジギングに、Mリーダーと福井県小浜市から出ている口コミで人気の『富丸』さんに行ってきました。3月から5月は、北へ遡上していく青物(ブリやハマチ)がたくさん釣れる時期で、シーズン終盤の大物狙いでした。

しかし、当日は真夏ような暑さで、さらに潮の流れも少なく、魚の群れはいるのですが活性が低いのか、あたりが少ない日となりました。
僕は、たまたま運がよく、ぼってと肥えた大ハマチを釣り、Mリーダーは、最初ブリかと思いましたが、価値ある70センチぐらいの大鯛を釣りました。この時期の大鯛は、産卵時期ですごく肥えていて、脂ものっていて美味で評判も高いためうらやましいです。

とはいえ、この日はスプリントのような日でした。8時出船し、普通なら16時ぐらいには終わるところ、17時の夕方も鳥山を探して釣りをし、19時前からは小浜湾の入口で、50センチぐらいのサゴシ(サワラの幼魚)をキャスティングで狙いました。サゴシは非常に獰猛なので、ジグを投げるともうお祭りのようにアタックしてきて釣れます。30分足らずで僕は5本、Mリーダーは3本と楽しかったです。

そして、沖にあったのは20時で、あたりは暗くとても疲れましたが、最後にサゴシの爆釣となり、楽しかったです。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。