今年最後のタチウオ

今年最後のタチウオ

今年最後のタチウオ釣りに行ってきました。もちろん、いつもお世話になっている岡山県玉野市の宇野港から出航するフィッシィングガイドとちぎさんです。
前回は鳴門までの大遠征ですが、今回は岡山の沿岸や瀬戸大橋まわりがポイントでした。
釣り方はジギングではなく、伝統的なテンヤ釣りです。ただ、一般的なテンヤ釣りは生のイワシをくくりつけますが、とちぎさんのテンヤ釣りは開いた塩漬けのサンマをテンヤにぐるぐる巻きにするテンヤ釣りです。
またアクションも、ティップランエギングのように2、3回しゃくってから止め、あたりがあれば激しくあたりをとり、なければタナを変えて同じくしゃくるという繰り返しです。

11月上旬の口コミでは、ボコボコだそう。ボコボコとは入れ食いという意味で、仕掛けを入れたら釣れる、釣れてしまうという状態です。
もちろんテンションはとてもあがって夜中に岡山まで移動しましたが、現地で船長から『クーラー大きすぎるよ。そんな釣れないし。』、、、。

とはいってもこの船の評判がいいのは、それでも釣らせてくれることです。前半は確かに厳しかったですが、後半、瀬戸大橋まわりの掛けあがりのポイントに移動するとタチウオが連続ヒット。今年最後のタチウオ釣りを楽しむことができました。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。