初のクロスカントリー参加

初のクロスカントリー参加

今回はクロスカントリーの大会に初めて参加してきました。
クロスカントリーというスポーツをネットで調べると、「森林地帯やオープンカントリーなどの自然の地形の丘、平坦な地面、時には砂利道などの屋外コースでレースをするスポーツ」といった感じの説明が出てきます。

会場は兵庫県では名の知れた三木総合防災公園という山間部の総合運動公園です。
今年はコロナ禍で中止になった大会も多く、口コミで開催の情報が広まっているようで、岡山県や愛知県など遠隔地からのランナーも参加されている様でした。

さて、レースはというと5㌔のコースを2周する10㌔の部にエントリーしました。
今回のコースは少しタイトな設定に変更されているとのことでしたが、評判通りの厳しさでした。
アップダウンがあることはわかっていましたが、長めの上り坂が5か所あったり、登山道のような階段式の下り坂があったり、ランナーは対応力を試され、気力を削がれていきました。
挫けて何度も歩きそうになりましたが、歩くと走り出せなくなりそうで一度も歩かずに何とか完走しました。結果は性別・年齢で区分けされたクラスで7位と入賞することができました。

走って表彰されたのは35年ぶりぐらいで少し照れましたが、いただいた表彰状とメダルを励みにまた一生懸命走りたいと思います。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。