多魚種が狙えるスーパーライトジギング

多魚種が狙えるスーパーライトジギング

昨年度も紹介しました、スーパーライトジギングにゴールデンウィークのお休みを使い行ってきました。(昨年度の記事はこちら
場所は和歌山県の最南端、串本にある『サンマジカル』さんです。
『サンマジカル』さんは老舗の遊漁船で、日本一の親切な船長(本城船長)として評判の船です。串本の海を知り尽くした船長です。

再掲的にはなりますが、スーパーライトジギングは、陸からサバや太刀魚やハマチ、シーバスなどを釣るような道具で、船から色々な魚を狙ってみようという釣り方です。ルアーフィッシングをする道具をそのまま陸で流用できるため、気軽に始めることができます。
『ジギングというと重たいジグを使い、一日竿を振り続けているからしんどいし疲れる。お金もかかる。』と思われている人も多いと思いますが、お手持ちの道具で是非、気軽に始めてほしいなと思います。

当日はまさに晴天の釣り日和で、風もなくとても暑い中でした。釣りはしやすいが釣れにくい状況でしたが、たくさんの魚と出会うことができました。
カサゴ、アヤメカサゴ、オオモンハタ、アカハタ、オキナヒメジ、イサキ、マサバ、イトヨリ、イソベラ、エソ、タマガシラ、11魚種でした。ネットの口コミでは、九州の方では、2日間で41魚種も釣れたらしいです。

スーパーライトジギングというだけに、疑似餌となるジグはマイクロベイト(小魚や小さなイカ、甲殻類)を模しているため多くの魚が対象となります。
それとやはり、串本周辺の海は暖流があたり、豊かなのだと思います。

是非、豊かな自然を楽しみに気軽にスーパーライトジギングを始めてほしいです。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。