少人数で特訓を行いました

少人数で特訓を行いました

今回は神戸市東灘区にある体育館で活動を行いました。
活動に参加できるメンバーが少なく、いつものように試合形式での練習ができなかったので、先日の大会で浮き彫りになった、新生ホームサービスバレーボール部の課題であるサーブやトスなどをバレーボール経験者に特訓してもらいました。

普段は試合形式で練習を行っているため、苦手な部分の克服等に時間を使えていませんでしたが、今回は課題部分を集中的に練習することができ、力の底上げにつながりました。
サーブが上達すれば連続ポイントを狙える上、たとえ得点が入らなくても相手を崩すことができるので、重点的に練習しました。

経験者のコーチぶりは評判通りとても分かりやすく、初心者の多い新生ホームサービスバレーボール部でもすぐにコツをつかむことができました。
今はまだ普通のサーブしか打てませんが、早く基本をマスターしてジャンプフローターサーブが打てるようになりたいと思います!

最後に、遊びも兼ねて反射神経を高めるのに効果的だと口コミで聞いた卓球をしました。
バレーボールも卓球も、動き出しの1歩目をいかに速く動き出せるかが重要なので、とても効果的な練習だと感じました。

今回のように参加メンバーが少なくとも、毎月1回の活動は今後も継続していきたいと思います。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。