日本人が大好きなスルメイカ

日本人が大好きなスルメイカ

この数年で評判となったイカメタルという釣法で、メインのターゲットはマイカです。
市場で『赤イカ』、『白イカ』と呼ばれているイカは、どちらもヤリイカ科のケンサキイカです。山陰や九州北部で漁獲される胴のやや短いイカを『白いか』、伊豆諸島などで漁獲されるやや細長いイカを『赤いか』と呼んでおり、これらは生化学的な検査から同種と判断されていて、総じて、『マイカ』と呼んでいます。

一方、このマイカの外道で釣れるスルメイカは、日本で鮮魚として出荷されるイカの中で最も安価であり、そのため日本人にとっては最も馴染み深いイカです。刺身や寿司、焼き物・煮物に酢の物、天ぷらやその他の揚げ物などのほか、内臓を活かして塩辛でも食されます。また、烏賊飯(いかめし)や烏賊そうめん(いかそうめん)なども人気の料理です。

スルメイカを焼く場合、口コミ調査すると、醤油味または塩味で食することが多く、ショウガの搾り汁などを薬味とすることが多いようです。ただ、僕のお薦めは『焼スルメの屋台風』です。
屋台のイカ焼きのように姿で焼くと、スルメイカは身が固いので少し食べにくく、短冊に切り、炒めながら焼肉のタレを絡め、最後に少し多めに七味をふると、冷えたビールにベストマッチします。

イカは釣ったまま冷凍すれば、半年ぐらい味が落ちず食することができます。この猛暑は夜中に涼みながらイカメタルを楽しんでください。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。