日本海ジギングとタイラバ

日本海ジギングとタイラバ

11月24日、大好きな釣り友達12名で京都府舞鶴市のタイラバで評判のトップスジャパンさんに行ってきました。
トップスジャパンさんは何がすごいかと言いますと、方舷どてら流しという船の流し方で釣りをさせてくれます。どてら流しというのは、帆をはるのではなく潮と風に任せて釣りをするのですが、魚に警戒心を与えずに釣る手法だと言われています。
それに加え、方舷というのはどうしても仕掛けが船の下にもぐってしまい釣りにくい釣りがどてら流しなので、それを船の下にもぐらない方の方舷で、全員が釣りをすることができます。
正直、この記事と僕の下手な言葉では伝わらず、また書ききれないので、この凄さはトップスジャパンに乗ってください!

11月24日当日は、口コミでは青物(ブリやハマチなど)は全然釣れておらず、鯛は少々ということでした。
出港すると、前日のうねりが残っており、波高が2メートルぐらいでした。船で何名か船酔いでダウンする中、船中12名のうち僕だけやってやりました!7キロ弱の小ブリ。この時期の丸丸太ったコンディションのよい個体でした。まさに、寒ブリ。
ジグを着底させてからのじゃかじゃか巻きで少しフォールさせて食わせました。

その大活躍の様子は、黒爆TVというサイトで動画配信される予定ですので、ご覧になってください。
黒爆=黒潮爆裂組。『今ちゃんの実は』というTV番組の釣りこーなーをプロデュースする釣りクラブです。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。