日本海ジギング大会参加

日本海ジギング大会参加

5月13日、知人が主催する日本海ジギング大会に参加してきました。
某釣具販売店が、主催するジギング大会が100名参加であることを考えると、65名規模で開催しているジギング大会としては、最近、評判になっています。

実は、昨年は2位に入賞した大会で、今回も気合を入れて参加してきました。
ジギングは、金属のプレートを竿で自在に操り、ブリやヒラマサのような大型の魚の餌になるような小魚を演出し、釣る手法です。

朝の7時に出港し、揺られること1時間、決戦の場は、兵庫県の竹野沖です。
昨夜から大雨ですが、南風のため、日本海側はあまり風を感じません。
口コミで「釣れる」と言われている、ダイワのリーフ160グラムの赤金カラーをイワシもしくは小アジに見えるように動かします。もちろん、狙いは、ブリです。

同船者で最初のヒットは、なんと、僕。70センチクラスのメジロが釣れました。
1匹釣れると、バタバタと活性が上がって、釣れる釣りで、船内はメジロ祭りとなりました。僕も1時間ほどで、4本釣れ、一休み。
再び、釣りだしてから、久しぶりにブリのガツンというあたりから、悪戦苦闘し、ブリが釣れました。
結局、ブリ2本、メジロ5本の大満足となる釣果となりました。大会は、65名中、多分、5位か6位だったはず。表彰はされませんでしたが、景品など多数もらいました。楽しかったです。

※メジロはブリの幼魚で、60センチ~80センチの魚で3キロぐらいです。関西では、ツバス(~40センチ)→ハマチ(40~60センチ)→メジロ(60~80センチ)→ブリ(80センチ~)と呼ばれ、出世魚です。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。