淡路でスーパーライトジギング

淡路でスーパーライトジギング

釣り部の主力活動メンバーで久しぶりに兵庫県淡路島へ、ハマチと真鯛狙いでスーパーライトジギングに行ってきました。
今年は平年より暑いためか、特に青物が高活性と口コミで評判です。
ただ、今回は淡路島周辺には鰯の群れがいないため、淡路島を出て加太方面へ少し遠征をしてもらいました。
出航が朝の7時で、ちょうど南から北の北流の潮が流れており、到着直後からMリーダーがハマチを掛け、そこからはみんなで祭りでした。
僕もなぶらを見つけるやトップゲームで、ぷりぷりのハマチをゲット。
海面にハマチが飛び出してくるのは、本当にテンションがあがりました。
O兄弟もスーパーライトジギングが初めてとは思えないぐらいの連続ヒットで、ハマチをゲットしていき、今回の釣行を企画した僕も一安心でした。

潮が反転し、北から南に下がる南流に変化すると、なぶらが出るほどの青物の活性は落ちましたが、反転流のところで真鯛やガシラといった他の魚種も釣れ、楽しい釣行になりました。
真夏の釣行なので、水分補給に気をつけて釣りをしましたが、やはり5時間ぐらいが限界で、帰路はお昼寝しながら淡路島に戻ってきました。

全員で、ハマチを25匹以上、真鯛を4匹、ガシラはたくさん。
楽しかった!

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。