神戸近郊で釣りを楽しもう

神戸近郊で釣りを楽しもう

会社帰りに楽しめる釣りをしてみました。
会社から徒歩圏内で徒歩5分の神戸第四埠頭や、ポートライナーで数駅先の北公園、地下鉄で数駅先の兵庫突堤など、釣りには最適なポイントが神戸にはたくさんあります。

神戸は古来より海上交通の要衝にあり、大型の貨物船や旅客船が入港することから足元の水深が10メートル以上というところもたくさんあり、魚影の濃い場所です。
例えばカサゴやアコウのような根魚から、アーバンフィッシングのメインターゲットであるシーバスや黒鯛、もちろんアジやイワシ、サヨリなどの小型回遊魚、そしてブリ、ハマチ、サワラといった中型の青物まで狙うことができます。最近では水質も向上し、アオリイカなども見ることができるようになりました。

まだ8月で日が高いため、仕事あがりにルアーと竿を持って、口コミで釣れているという第四突堤でアフター6フィッシングをしてみました。
日があるうちは30センチ前後のサゴシ(サワラの幼魚)が高活性で、ガンガンルアーにアタックしてくれます。日がくれてくるとタチウオの時間です。
神戸ではこのタチウオが評判で、発電機を使って小魚を呼び寄せ、それを狙いに来たタチウオを釣り上げるという浮き釣りが大人気です。

本当に手軽に大物が釣れる神戸なので、これからも楽しみたいと思います。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。