自宅周辺でアジ調査

自宅周辺でアジ調査

僕の歳になると社外の友達とは、居酒屋でビールやら日本酒やらをあおるのが交友の常ですが、僕の場合は社外の釣り友達は、近所の漁港で一緒に釣りをするのがコミュニケーションツールです。
健康というのか子供というのかわかりませんが、僕は楽しいです。

一緒に釣りをしながら話すことは、もっぱら釣りの話。特に道具の話をよくします。多分ゴルフを好きな人がクラブやボールの新製品や構造のことなどを話をすると止まらないのと同様だと思います。
この日の話題は、発売当時から評判のアジやメバルなどのルアーゲームに使う『ソアレCi4』というリールの500番は必要か不要かという、釣り好きでなければどうでもいい話でした。
どうでもいい話なので簡単に話をしますと、『どこまでリールを小さく、軽くする必要があるのか?』という議論でした。10センチクラスの豆アジを釣るには、軽いということは非常にアドバンテージがあります。しかし口コミにもありますが、軽すぎるのは堅牢性を欠くのではないか?ロッド(竿)とのバランスはとれるのか?や、小さすぎるリールは持ちにくいということも考えられます。

しかし結論、『やっぱり、楽しい』のがいいよね、ということで『あり』となりました。ライトな道具だとどうしても掛ってもばれることも多いです。
ですので、釣るというか釣る過程を楽しむというのかよくわかりませんが、『釣れた』ではなく『釣った』をモットーにこれからも釣りを楽しみます。
ただ、10月21日(日)は12匹と大惨敗でした。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。