護身術部あっという間に部活立ち上げ

護身術部あっという間に部活立ち上げ

社内での世間話から、なぜかあっという間に部活立ち上げが実現しました。
護身術というと身構えてしまうイメージがありますが、このご時勢には必要なスキルだと感じていた人が多かった事がクラブ発足の理由のひとつではないでしょうか。
社内でも護身術部に関心を持たれている人が結構いるとの評判もあり(!?)、口コミで部員数も増えていきそうな予感がします。

総合格闘技の経験を持つHチーフの指導のもと、少しずつ護身術を習得していこうという目的を掲げ、早速初回練習を実施しました。

初回ということで、護身術についての説明や注意点などの講話から始まり、ストレッチを経て基本的な構えや力学的な体の動きなどを実際にミット打ちなどを通じて分かりやすく学びました。
実演では、力いっぱい捕まえた腕がいとも簡単に解かれてしまうので、その都度驚きの声があがります。
講師の分かりやすい説明のおかげで、頭では力の作用の仕方などは理解できるのですが、残念ながら体はそのとおりに動いてくれません。
また、ストレッチの段階で部員それぞれ体調の特性が垣間見えたのでストレッチの比重も考慮していくべきだと感じました。
たまに練習して身につくものではないので、業務に支障のない範囲で積極的に練習を重ねていこうと思いを強くした練習となりました。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。