護身術部練習三回目

護身術部練習三回目

第三回目の部活は、部員の要望もあり、たっぷり2時間実施!口コミで新入部員も増え、とてもにぎやかな練習となりました。

今回は、恒例の柔軟からパンチ、キックの復習をたっぷりと。新入部員は基本的な構えなどの説明を受けてすぐ実践するや、そのスペックの高さに講師もびっくり!!初期メンバーとのレベルの差は歴然でした・・・。運動がメインではないのですが、やはりセンスや運動神経は大きく関わりが・・・。因みに部長の私がいちばんセンスがないそうです。(講師談)

その後はおもちゃの短剣やピストルを使い、実際に武器を向けられたときに振り払う方法を教わりました。拳銃を向けられることはまずないとは思いますが、何事も経験です。これがコツを掴めると、大きな力を加えることなく武器を振り払えることができるのに驚きました。教わったとおりにできるとつい嬉しくなってしまうのですが、講師が毎回言われる「相手を倒そうとするのではなく、自分が逃げる時間をかせぐためのもの」という趣旨は忘れてはいけないと思います。

護身術部の評判は着実に広まっているようで、部長の私は、お手洗いなどで「護身術部ってどんな感じですか?」などお声がけいただくことが多くなりました(笑)

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。