近所の港で、ライトゲームナイト

近所の港で、ライトゲームナイト

仕事あがりに同じ総務のM君と、『秋の夜長と言えばアジング』ということで、神戸から西にある漁港にランガンで行ってきました。ランガンとは、釣れなかったら次々に違う漁港などのポイントへ移動していく釣り方です。

最初の漁港では、魚の姿はちらほら見えるのですが、潮が動かないためかあたりがなく移動。なかなか潮の動かない日は釣れません。
次のポイントは、昔淡路島との航路があった漁港です。いい常夜灯があり、魚が集まっているとは思うのですが、連休中のためか家族連れがサビキ釣りでエサをばらまいているためか、再び不発。
さらなるポイントである明石海峡大橋手前の大きめの漁港へ移動。漁港内に大きなエイが遊泳するなどアジが釣れる環境にありません。それでもなんとか拾い釣り。
どこに行っても潮が動かず、釣れないのでさらに西へ移動。ついに僕の故郷の明石の漁港にやってきました。漁港内はこれは夜かと思うほどの明るさで、海をのぞきこむとイワシの大群がキラキラ泳いでいます。期待をふくらまして釣りますが、アジは不発。

とはいえ、粘りに粘り、アジ、ガシラ、ベッコウゾイ、フグ、真鯛、ハオコゼ、セイゴと七目を達成しました。アジ爆釣とはなりませんでしたが楽しい釣でした。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。