隠岐島釣り合宿1日目

隠岐島釣り合宿1日目

2年ぶりに気の合う仲間と、島根県の隠岐島に釣り合宿に行ってきました。
昨年は天候が悪く出航できなったため、今年はやる気が違います。集合場所の境港に神戸からだけではなく、東京や広島から6名が集まったのは午前8時。

お世話になりましたのは、自称 釣れない遊漁船『昇龍丸』さん。しかしこの昇龍丸さんは、釣具メーカーのダイワさんのプロテスターも足しげく通うほど評判の釣船で何か月先の予約がとれないほど有名な腕のいい船長さんです。

出港してから一路2時間半、船をぶっ飛ばして隠岐島の北朝鮮側、いわゆる島後といわれる場所に向かいました。島後は、普通の遊漁船は行きません。なぜかというと、行き帰りで6時間前後かかるのです。
隠岐島で泊まるという釣り合宿ならではの釣り場です。

しかし当日は潮がまったくなく、魚の食い気がありませんでした。ただ、秘境といわれる島後のポテンシャルは本当にすごく、船長の腕の良さもあり、タヌキメバル(白ソイ)、カサゴ、レンコダイといった美味しい魚がポコポコと釣れました。
船長から『このあたりは、アラが釣れるよ。』とマイクのアナウンスがあった後、僕の竿に大きなあたりがありました。リールのドラグがじりじり出され、巻いては出されの綱引き状態。ラインもPEも0.8号と無理のやり取りはできませんが、格闘の末あがってきたのは、60センチぐらいのアラ。
アラは、ネットサイトの市場魚貝類図鑑でも絶品と口コミのある魚です。身は少し硬いので、数日寝かしてから食べると美味しい魚です。楽しみです。

1日目は、50リットルクーラー満タン近くの大満足の釣果でした。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。