隠岐島釣り合宿2日目

隠岐島釣り合宿2日目

島根県隠岐島での釣り合宿2日目。昼から雨の予報のため、朝の5時からの出船です。
2日目も島後(どうご)での釣りです。

島後は隠岐島の北朝鮮側の海で、対馬からの暖流が流れ、5メートル以上のサメがジャンプするような豊かな海です。しかし、最近はブログなどの口コミで魚が釣れると言われ、以前のような大型の魚が減ってきたような気がします。
しかし昇龍丸の渡辺船長曰く、島後はまだまだポイントが開拓されていないとのこと。
やっぱり島後は、まさに秘境です。

早速釣りを開始するも、前日同様に潮が動かず、風もなく悪戦苦闘しました。釣り人なら理解しやすいのですが…水深150メートルで100グラムのジグがまっすぐ下に落ちていきます。本当に無風無潮状態。マトウダイやチカメキントキのような潮が動かないときにでも釣れる魚しか釣れません。

昼前ぐらいから潮が動きだすと、タヌキメバル(白ソイ)やアラなどの本命がポツポツと釣れだしました。そこから、3人の竿が同時に大きく曲がりました。
数分前、大きなサメがジャンプしていたので、みんな『サメや!』というぐらい、リールのドラグをジリジリジリジリひっぱっていきます。確かにサメと思わせるような疲れを知らない引きですが、ラインが細いため丁寧なやりとりを心掛け、15分ぐらいをかけてあがってきたのは、ブリ。

これを最後にストップフィッシング。50リットルのトランクが満タンの大満足の釣果となりました。参加者の評判は上々、来年も行きたいと思った釣り合宿でした。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。