鳥取でスーパーライトジギングとイカメタル

鳥取でスーパーライトジギングとイカメタル

先日、鳥取県境港市の『昇龍丸』さんにスーパーライトジギングとイカメタルをしに行きました。

境港は隠岐島の玄関口で、境港と隠岐島の間の水道は格好の釣りポイントとなっています。
その中でも、もっとも評判がいいと言って過言でないのが『昇龍丸』さんです。
イカの時期は予約開始から1時間ですべての日程の予約が埋まる大人気船です。

当日は台風の影響で風も波も強く、出船予定時間を遅らせるような悪天候の中出船しました。
波も風もあるので本当に釣りづらい状況なのですが、普通の船長ならば風と波で船を流すところを、昇龍丸の渡辺船長は船の前進と後進をうまく使いこなし、ポイントに船を流してくれます。
そのおかげか、高級魚のアコウがポンポンとゲットできました。

言葉ではうまく表現ができませんが、僕も船の免許をもっていて、操船する釣り人ですが渡辺船長は本当に上手。
まじでリスペクトです。

後半のイカメタルは少し波も落ち着き爆釣モード。
胴長30センチぐらいの白イカが延々と釣れ続けます。

小浜や舞鶴では大型と考えらえる白イカが面白いぐらい当たり前に釣れ、大剣と言われるような胴長40センチ以上の白イカも混ざってきます。

こうなると、いくらイカに墨をかけられても気にもなりません。
楽しすぎでした。

口コミでは少し食い渋っているということでしたが、あっという間に35リットルのクーラーボックスが満タンとなりました。
最終91匹というマイレコードを叩き出し、納竿となりました。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。