2019年最後の活動

2019年最後の活動

先日、2019年最後の活動を行いました。
同時に12月ということで、体調不良での不参加者もちらほら。少し残念でもありました。次回は沢山のメンバーと楽しめたらいいなと思います。

今回は日頃行っているソフトバレーだけでなく、バレーボールも行いました。
大きな違いは使用するボールとコートの広さと1チームの人数です。
ボールは小さく硬いので手が痛いですし、ソフトバレーより速いサーブやアタックが飛んできます。
コートの広さは約2.3倍でいつもよりも動き回らないといけません。
1チームの人数4人から6人に増えますが、それ以上にコートが広くなるので守備範囲や連携がとても大事になります。

学生時代にはバレーボールをクラブでやっていた人もソフトバレーに慣れてしまっていて、なかなかうまくいかない様子でしたが、徐々に勘を取り戻すとビシバシとアタックを決めていてとても気持ちよさようでした。

色々なことにチャレンジしてその回ごとの楽しみを見つけられるのも気の合った仲間同士だからかなとも思います。
今後もみんなで楽しめる活動にしていきます。

ただ、残念ながら1月は活動が難しそうです。
いつもお世話になっている体育館ですが、口コミ・評判でも高い評価を得ていて、1月は空きがありません。
今も他をあたってはいますが、立地や費用などなかなかいいところが見つかりません。
継続して活動していくためにも2020年は体育館探しも行っていこうと決意しました。

新生ホームサービスのその他クラブ活動は、TOPページからご覧ください。